猫 時々 プラモ のち ポケバイ

アクセスカウンタ

zoom RSS どうなるの?地域医療

<<   作成日時 : 2009/12/08 22:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

私の住む岩手、昔は沿岸の街にも活気があって、個人経営のの医院も選ぶことができていて、まさに掛かり付けのお医者さんがいた。いつの間にか町医者は減り、県立病院か数少ない医院へ。高齢化も進み病院はどこも高齢者が目立つ。。。県立病院から医者がいなくなる事態がニュースで流れた。今住む街も、難しい病気は盛岡まで行かなきゃ治療を受けられない。通うのも重労働だ。ましてや県央から離れた土地、どうやって治療を受ければいいのか。ともすれば、前日に来てどこかに一泊して、朝一の検査とかになる。実際今年の春先、家の親父がそうだった。幸い、私や兄弟がこちらに暮らしていたので、泊まることには支障なかったが。。。交通費や宿泊の費用だけで、いくら掛かることやら。緊急の時は?面積だけは日本一の県。人口密度の低さも日本一?だろうか。。。あちこちに、陸の孤島が存在する。人口6万人クラスの孤島だ。その孤島に専門医がいない事態。各孤島から県央に移動するのに、2時間。。。近いのか?冬は雪のある峠を越えなくてはならない。毎年スリップ事故が起きてる。交通の便じゃない、医者が欲しいのだ。なぜ今医師不足なんだろう。税金も医師育成にもっと力を注いでほしいものだ。病院の設備はあるのに医師がいない。今世の中に侠客はいない。皆自分のことばかりだ。。。
何か名案は無いものか?。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
とりあえず医学部の定員が大幅に増えるようですね。医者になりたい人がたくさんなれて医者の人数が増えるといいですね。
うしがえる
2009/12/09 21:08
そうですね。時間はかかりそうですが良い方向に向かってほしいです。Drヘリも検討中のようですが、悪天候の時など不安要素もいっぱいです。病気にならないのが一番ですが、万が一の時のものですからね。
医者の質が下がらなければいいですが、急いで失策しないように、海外にボランティアで行ってしまうお医者さんにお願いできないんですかね?国内の老人より海外の子供のほうが不幸に見えるのでしょうか?命は同じ重さなのに。
takaboh
2009/12/09 21:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
どうなるの?地域医療 猫 時々 プラモ のち ポケバイ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる