猫 時々 プラモ のち ポケバイ

アクセスカウンタ

zoom RSS すべての命は生きるために流れて

<<   作成日時 : 2011/04/21 21:52   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

テレビで前足を失った猫を見た。飼い主さんの熱意で義手?義足?を着けてもらい普通の猫以上に猫らしい暮らしをしていた。動物が大怪我をした時、大体が二者択一。きつい選択を迫られることになる。生か死か。。。競走馬などはもう骨折したら安楽死。。。
私はにぼし君を思い出しながらうるうるしていた。その飼い主さんにも葛藤があったそう。。。動物に対する人間のエゴじゃないかと。私も悩んだ。いっそのこと。。。でも、今生きている以上私の都合で命は奪えなかった。自分の子供なら。。。死にゆく運命に会っても、死にたい命はないはず。
たとえ家畜でも、命を全うさせてあげたい。人間の都合ばかりで申し訳ないが、食肉の家畜なら美味しく頂いてあげるのが礼儀じゃないか?そりゃあ人の命が。。。しかし、尊い命を頂いて生きる人間が無駄に家畜の命を見捨ててはいけない。。。病気であれ、放射能であれ、なんとかならないのかなあ。。。野菜たちもみんな命あるもの。出来ることならもっと大事に。。。
被災地の動物たちにも平和な日が一日も早く訪れますように。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私もニャン太郎の闘病の時に楽にさせてたいとなやんだことがあります。
ブログにも書いていますが、あの時は辛かったです。
でも最期まで生きるということがどれほど大事なことかというのもわかったような気がします。
福島は天災というより人災のような気がします。
まつぼっくり
2011/04/22 19:31
私自身にぼし君の本当の気持ちは解らないけど、お互い生きていなければ過ごせない大事な時間をもらいました。
福島は自然の力を軽視した人災です。
takaboh
2011/04/22 20:27
被災地の野良牛?とか犬たちの姿を見ると心が痛みます。人を見ると嬉しそうに近寄って来るとテレビでやってました。一体自分たちの身に何が起こったのかわからないのですからね。
うしがえる
2011/04/24 13:54
人の手で育てた動物たち。小さな子供と一緒なのに。親が面倒みないと。。。こんな時、動物愛護団体は何してるの?
takaboh
2011/04/24 17:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
すべての命は生きるために流れて 猫 時々 プラモ のち ポケバイ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる