猫 時々 プラモ のち ポケバイ

アクセスカウンタ

zoom RSS 家政婦のミタ

<<   作成日時 : 2011/11/10 00:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

ツイッターのつぶやきを見て関心の高さを。でも、私とは少し見方が違うみたい。みんなは家政婦のミタの異常っぽいところを見ているようだけど、私は家庭が崩壊していく中での子供たちの心理を見て子供の頃の自分と重ね合わせている。浮気やら不倫やらの父親。子供を置いて死んでしまう無責任な母親。死んだのを責めるのでなく、捨てられたと子供に思わせる行動が許せなかった。完全だと思っていた親に裏切られた気持ち。やり場のない怒り。隣近所の心ない中傷。子供に向かって「可哀そうに。」この言葉がどれだけ少年の心を傷つけたか。。。表現にはいささか意表を突かれたけど、家政婦のミタさんはある意味極めて普通?家族の柵は関係ないからね。家政婦には。。。隣のババアの憎たらしいのが絶妙。警察の民事不介入具合も。みんな昔話みたい。。。現実は私と末っ子みたいな妹と二人っきりだったということだけ。「家庭崩壊」親父の不始末が引き起こした現実。許せない親父に面倒を見てもらわないと生きていけなかった自分の未熟さ。腹の立つことばかりだったなあ。。。それでも時間は止まらない現実。後戻りはできない。あの時は気付かなかった。やり直す事と、後戻りの違いに。やり直す=過去に遡らないと。と思っていた。。。このストーリー書いた人も似た経験したのか?と、勘ぐりを入れたくなる。未だ子供目線で見てしまう未熟な私。。。面白いドラマだねえ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
家政婦のミタ 猫 時々 プラモ のち ポケバイ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる